読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は狂という日の積み重ね

寒くなったり暖かくなったりと
秋はなかなかじれったい。

冬が来ないなら来ない、来るなら来るで早く決めてほしい今日この頃、皆様におかれましてはは、ご清祥のこととお喜び申し上げます。。
とりあえず、早くしないと冬が来ると思って今頃必死に食いだめしている熊は、このまま冬が来なければ永遠に食べ続けることになり、地球から鮭は消える。
鮭が消えれば、当然鮭茶漬けも世の中から消え、永谷園は大打撃を受けるに相違ない。

ということで、この暖かさは、永谷園の株価に影響する。
ならば、鮭茶漬けにおいて鮭に代わるものはあるのだろうか?
鯖茶漬けだろうか、サバチャ〜ヅケ〜♩
おお、これならサブちゃんもいつもの調子で唄えるのだろうか。
ただ、ヒカリモノはアレルギーの人も多いから万人の支持を受けるとは言い難い。

それならばと、タイチャ〜ヅケ〜♬
ぐっと豪華な感じになったが、毎日食べるのは経済的に辛い感じだ。
タイではサブちゃんも緊張するかもしれない。
いや、サブちゃんは金持ちだからタイでも緊張しないのかな?
マンボウ〜チャ〜ヅケ〜♪
なんだか字余りだ。そもそもうまいのかどうかも分からん。
それにしてもこのままでは蛇やカエルも眠れなくて、来年の春、睡眠不足は必至である。
眠るに眠れんのは辛いだろう。来年の春、やたら凶暴で不機嫌な蛇や蛙がいたら
それはこの季節のせいだ。
今日から始めた日記なのだが、ここまで書いてきて、これでいいのかどうかがわからん。

ただ、私生活で辛いことが多ければ多いほど日記では明るく振る舞う私がいる。
日記ではなく、twitterなどで呟いてもみたが、部下が読んでいることに気づき書けなくなった私はつぶやきEDだ。
だからと言って、誰も読まないつぶやきをネットに載せて何が楽しいのかとも思う。
つぶやきシローだって、誰かが聞いてくれなきゃお金にならないのと一緒で、
我々のつぶやきだって誰かが聞いて反応してくれなきゃ楽しくないのだろう。

だが、部下はダメだ。そもそも真面目で厳しい人という長い間で培ってきた私のイメージが台無しだ。
一時、部下が読んでいることに気づき、何かとメタファーだのアイロニーだの様々な転義法を駆使してわかりにくく、それでいてインテリジェンス感を与えるようなことばかり書いていたが、結局、うちの上司は頭がおかしいと思われた気がする。いや、確かにそんな風に俺を見ている部下がいたのだ。

そもそも自分の気持ちを書き留めるなら、何と言っても日記が王道だ。

太古の昔から日記こそが自己の思いを描き、その暗くてドロドロした心の深底をテキストという形に映し、そのことで、乱れた心を沈め、黒い叫びを掻き出すことで、少し離れたところから自分を見つめ直し気持ちの平穏を求める作業なのだ。

そんなのはつぶやきの比ではない。つぶやきなど邪道中の蛇道!いや、邪道だ、蛇道ではない。
来年の春の蛇道には気をつけろ。機嫌の悪い蛇がいるぞ。

とりあえず、落ち込んだ10月17日。

ブルーなまま明日、体は福岡へと向かう。